TOPページ 著作権とTPP 侵害 サプリ基本 サプリ基本 サプリ基本 準備中
著作権ってなに?

CD

著作権とは、作った作品や文章、絵などを保護するための法律、
これらを作った人の権利を保護するための法律です。

保護対象は実に広く、絵画や漫画、小説、彫刻、映画など様々です。

こうした芸術的な作品が複製されたり、
他の人に丸ごとコピーされて販売されると芸術的にもマイナスですし、
その作品を作った人の収益にも関わります。

ですから法律で保護すべきと、著作権法が定められているのです。

著作権法の保護対象は 絵画や彫刻などの美術品から
書店で売られている本、CD、ゲームなどが代表的な例ですが、 それだけではありません。

映画館で上映される映画にももちろん権利がありますので
こっそり映画館で映像をとって流してしまってはいけません。

また、CDそのものが保護対象というより
CDの中に収録されている音楽が保護対象となります。

ですからいくら好きな音楽だからといって勝手に複製して販売してはいけません。

漫画の場合も、コピーして配布してしまった場合や
画像をスキャンしてネット上にデータを置いて色々な人が読めるようにした場合は違法となります。

一見、著作権法の保護対象は芸術物だけに限られるように思われますが、
個人が趣味で作った作品も保護対象に含まれます。

何もお店で売っているものや芸術品だけが保護対象ではないということです。

ただし、個人が作ったものでも料理は基本的に著作権の保護対象には含まれません。


更新情報
2015/7/30 著作権とTPP


(c)知ってて損はない著作権!