シエシッシー繝壹シ繧ク 闡嶺ス懈ィゥ縺ィTPP 萓オ螳ウ 繧オ繝励Μ蝓コ譛ャ 繧オ繝励Μ蝓コ譛ャ 繧オ繝励Μ蝓コ譛ャ 貅門y荳ュ
何をしたら著作権の侵害になる?

著作権とは、物や作品自体とその物や作品を作った人を保護するための法律です。

主に映画や動画、音楽、漫画、小説、絵画などの形のあるなしを問わず
創作活動によって生み出された作品を保護します。

また、店で販売されているかどうかや美術館に収蔵されているかどうか、
個人で趣味で作ったかどうかは問いません。

作者とその人の作った大切な作品を保護するための法律が著作権法なのです。

この法律に反する行為をした場合は著作権の侵害、つまり犯罪になります。

では、どのようなことをすれば著作権の侵害になるのでしょう。

具体例としては、
漫画本をスキャンしてネット上にデータを置き誰でも読める状態にしておくことや
映画のDVDをコピーして販売することなどです。

こういった行為は著作権法違反になります。

他に絵画を許可を得ず自分の作品に丸ごと転用したり、
人の小説作品を自分の作品だと偽って出版することも犯罪になります。

こういった行為は丸ごとコピーや転用しただけでなく
一部だけの転用やコピーでも犯罪になります。

著作権法は誰かの作品と作品による収益を守るための法律なのですから当然です。

著作権は形のあるなしを問わず幅広い分野の作品を保護しています。

しかし何でも保護対象というわけではありません。

料理な基本的に保護対象からは外されています。

料理が保護対象だったら、
レシピを見て料理を作ったら犯罪になる可能性があるわけですから当然ですね。


更新情報
07/11 TOP
07/30 著作権とTPP


(c) 知ってて損はない著作権!